インターネットやパソコン、仕事の情報でんがな

ビジネスPCONLINE大阪

消防士

「め組の大悟」ちう漫画を知っとるでっしゃろか? 新米消防士の成長物語の漫画なんやけど、人命救助の最前線で戦う消防士の活躍や危険さが描かれてて、どきどきしつつ読んでおりましたわ。もしかして全国の消防士はんの中には、この漫画にあこがれて消防士になりよった、ちう人がおるかもしれしまへん。そないな例を抜きにしたかて消防士になりたい人は数ようけおる思うで。ここでは消防士になるための資格や条件やらなんやらについて話していきまんねん。消防士に興味を持った方のアドバイスになったら幸いや。

消防士になるために(基本知識編)

消防士になりたい、となったらまずは消防士とはなんやか、どないな仕事をしてんかを知らなならしまへん。この項では消防士について基礎的な知識を紹介しまっせ。

■はじめに

消防士、消防官は、正式には消防吏員ちう名称がおます。せやけどダンさん、実際は正式な採用試験やらなんやらにおいても消防官と表記される例が大半や。、また、消防士はその消防吏員の中の一つの階級なんやけどここでは馴染みの深い「消防士」を使用しまっせ。

■消防士の身分

消防士は各市町村の公的機関に所属する地方公務員や。元は警察官がこの役目を担っとったんやが、戦後急増した火災や災害に対応するため警察組織の中から特化・分離し、現在では消防庁の管轄として独立した組織として活動してるんや。そやから、基本的には消防士の活動には警察官は意見でけへんことになっとりまんねん。(その反対もおます)

■消防士と消防団員の違い

似た印象やけど、そやけどアンタ、消防士は正規の公務員(常勤公務員)なんやし、消防団員は災害が発生した際に(非常時)消防活動を行う非常勤公務員となるんですわ。そやから、通常消防団員は他に仕事を持っとるのが普通や。

■消防士の階級

消防士は、消防官(もしくは消防吏員)の一階級の名称やけど、そやけどアンタ、消防官そのもんをひっくるめて消防士と呼ぶことが多いや。こら災害が起きた際最善線で頑張ってくれる消防士はんが一般にはなじみがあるちうことでっしゃろか。余計なお世話やけど消防官の階級は消防士から消防総監までの10階級がおます。

■消防士のお仕事

では消防士はどないな仕事をおこなうんかを説明しまっせ。見てのとおりごっつう多岐にわたっとりまんねん。

  • 火災現場での消火活動及び救助、原因の究明
  • 消防士は、消火のほかに要救護者(一般被災者)の救助、火事が燃え広がらへんように周りの可燃物を撤去し、消火完了後には火災の原因も調べまんねん。

  • 救急活動
  • 救急車やらなんやらで出動する救急隊員も消防士の仕事や。このほか、一般に人工呼吸やらなんやらのやり方を教える、救急広報活動もおこなっとりまんねん。

  • 防災活動
  • 消防士は危険思われる建物やらなんやらについて調査・指導、一般に広報活動や防火指導やらなんやらを行うやらなんやらの防災行動をおけぇへんまんねん。また一般救助活動やらなんやらの広報もおけぇへんまんねん。

  • 消防基準の認可
  • 消防士は建築物やらなんやらに対する検査と認可を行おりますわ。消防法に基づいたこれらの認可を消防士から受けんと建築・営業でけしまへん。

  • 消防器具の手入れ等
  • 消防士はいつでも出動できるように器具のメンテナンスを行おりますわ。あわせて器具の改良やらなんやらも消防士の仕事や。

  • 女性消防士の従事制限
  • 女性の場合、上記のうちいくつかの危険作業を制限されることがおます。

■消防士の給与

命がけの消防士はんはどのくらいお給料をもろておるんかちうと、20~24万円+ボーナスその他手当てや。もちろん役職、資格やらなんやらに左翼右翼されはります。(平成18年度、東京消防庁新規採用者支払い実績)

消防士になるために(消防士試験について)

危険な火災現場におもむく可能性のある消防士になるためには、いくつかの制限や必要な資格やらなんやらがおます。この項では実際消防士になるために突破しのうてはいけへん資格や試験について説明しまっせ。

■消防士になりたい(消防士採用試験の種類)

消防士試験と一口にぬかしても実際はⅠ類・Ⅱ類・Ⅲ類に分けられ、そのほか専門系と呼ばれる特別職の試験があり、それぞれ必要な条件やらなんやらがちゃいます。基本的にⅢ類がいっちゃん条件的に厳しいもんで、Ⅰ類から順にランクアップを目指しまっせ。どの試験でも1次(教養)・2次(体力及び口述)試験がおます。

■消防士になりたい(年齢・学歴制限)

年齢制限はずぅぇえええぇぇええんぶの試験において満29歳までや。その他Ⅰ類は17歳(高卒以上)、Ⅱ類は19歳(短大卒以上)Ⅲ類および専門系は21歳(大学卒以上)といった制限がおます。その他、やまと国籍を持たへん、過去に重大な犯罪をしたことがあるんや、やらなんやら理由で公務員になれへん人の場合は受験でけしまへん。但し、男女の区別はなく、女性でもずぅぇえええぇぇええんぶの試験が受けられはります。

■消防士になりたい(身体条件)

こら本来一次試験に合格した後に判定されはるが、いずれにせよこの条件を満たさな消防士にはなれしまへんさかい、ここで紹介しておきまんねん。なお、男女で多少異なる項目があるんで別に表記しまっせ。せやけど身体条件はぜぇぇぇったいやのうて、「おおよそ」これだけあれば、や。体重が1kg足りまへん、やらなんやらは許容範囲や。

  • 身長および体重
  • 男性は身長160cm以上で体重50kg以上、女性は155cm以上で45kg以上が必要や。

  • 視力・聴力
  • 正常であること。視力は両眼0.7以上(めがね・コンタクトやらなんやらで矯正可)但し片眼が0.3以上であること、色覚に異常があらへんことが条件や。

  • 肺活量
  • 男性は3000cc、女性は2500cc以上が必要や

  • その他
  • 消防士に必要な体力を備えとるか、健康体であるか、やらなんやら2次試験で測定されはります。

■消防士になりたい(消防士試験の内容等)

一次試験の募集はその類別によって、また応募する消防機関によってちゃいます。ねちっこくはオノレの応募する機関に尋ねてみておくんなはれ。ここでは参考として東京消防庁の消防士(消防官)採用試験について説明しまっせ。

■消防士になりたい(受験票の確保)

ムカシからの項目で受験資格を満たしとった場合、いよいよ消防士試験を受けられはります。まずは最寄りの消防署を訪ねるか、郵送で受験申込書を申し込みまんねん。必要な項目を記入してもっかい消防署に届けると(もしくは郵送すると)受験日の十日前ほどに受験票が郵送されてきまんねん。(あんまりとろい場合は問い合わせまひょ。この様なときのために郵送する際は配達記録郵便で送るのが安心や)また、この時点では履歴書や住民票やらなんやらといった書類は一切要らしまへん。受験申込書だけを送るんや。

■消防士になりたい(1次試験)

受験日になりよったら指定の会場で試験を受けまんねん。試験内容は五択式の筆記試験(教養試験)が120分、論文試験が400字詰め原稿用紙2~3枚分で90分、消防士(消防官)適性検査の3つや。せやけど、専門系の場合はそれぞれの試験が別個に行われはります。

■消防士になりたい(2次試験)

めでたく消防士一次試験を突破したら後日二次試験が行われはります。先ほど紹介した身体計測のほかに体力測定と面接(口述)試験が待っとりまんねん。主な体力測定試験の内容は以下のとおりや。長距離走(1キロ)、握力測定、反復横とびや幅跳び、上体そらしやらなんやらの俊敏性・柔軟性を見るテストやらなんやらや。

■消防士試験に合格したら

以上の試験を突破し、適正・健康・精神状態に問題なしとされれば合格となるんですわ。これ以降、消防学校に入学し、訓練と必要な国家資格(危険物取り扱い者、陸上特殊無線、他)を取ってやっと消防士となることができるちうワケや。

, , , , , , , , , , , , , , , , , ,