インターネットやパソコン、仕事の情報でんがな

ビジネスPCONLINE大阪

医者

医者は人の命を扱うエライ重要な職業や。やからに医者になるためには取得がエライ困難な医師免許が必要であるんはどなたはんもが知っとることでもあるでっしゃろ。「お医者様」や「お医者はん」と昔から親しまれてきた職業だけに、医者になりたいと願う方々は少なくおまへん。医者は、やり甲斐のある仕事でおますが、いっぺんに重たい責任を伴う職業でもおます。きょうびでは医療事故の報道も目立ち、医者のあり方に疑問の目が向けられとることもしばしばおます。

医者になるためには?

医者になるために必要なことは、医科大学や大学の医学部へ入学する必要がおます。ほんで医師免許(国家資格)試験に合格し、卒業するっちうことで医者として働くことができるようになるんですわ。医師免許(国家資格)試験の合格率は8割を超える高さなんやけど、医科大学や医学部の入学がエライ難しく、大半の方はここでつまずいてしまいまんねん。また、資格を取得し卒業できても、まずは研修医として2年間働くことが基本となっとりまんねん。

■医者と研修医の違いについて

晴れて医師免許を取得し、医者として働くことができる権利を手に入れたとしたかて、最初は研修医として働くことが国内では一般的となっとりまんねん。研修医とは先輩医者の下で勉強しながら医者としての仕事を行おりますわ。医者と研修医の違いについてはさまざまおますが、やっぱり大きなトコロでは収入の違いがおます。研修医といえど医者なんやけど、給料は雲泥の差となるんですわ。なかにはアルバイトをしのうては生活でけへん研修医もおるほどや。

医者とのうまい接し方について

オノレが病気になりよったときええ医者にかかりたい思うんはどなたはんもが願うトコや思うで。そのときええ医者を捜すにはどうしたらよいでっしゃろか。ほんで医者と上手に接する方法ついて紹介しまひょ。

■医者も一人の人間

病気を治療するっちうことができるお医者はんもわてたち患者と同じ人間や。ええ医者と巡り会うゆうことは、お互いの相性が合うゆうことになるんですわ。例あげたろか、たとえばやなあ、話しかけても返事もろくに返ってけぇへんが治療の腕は確かいな医者とはそこそこやけど愛想が良う親身になって話を聞いてくれる医者のどちらやったらあんさんは選ぶんやか? そういわれてもなかいなか選ぶことはでけしまへんよや。医者が治療する病気はほんの一握りというてもよいでっしゃろ。そのことを考えると、長い付き合いのなかで医者との相性が良う、オノレの思うとることを正直に話せるような医者を探すことは大事なことといえまんねん。

■医者が真剣に取り組む法則

お医者はんが1日に受け持つ患者の数は普通の診療所で50人前後、大きな病院になるんやと100人前後にも及ぶんや。そないな風な激務のなかで、同じ緊張感と質で患者をみな診ることは不可能に近いといえまんねん。せやけどダンさん、ようけの患者のなかである患者が来よると医者は心を引き締める傾向にあるんやうや。その患者とは、オノレの病気をしっかりと理解しとり、オノレでどないかして努力してようしたろおもておる患者や。こないな風な患者を賢い患者と呼んでおりますわ。

■医者と上手に付き合うポイント

医者曰く、患者はんが以下の意識で医者にかかってくれると治療が行いやすなるとええまんねん。そのポイントについて簡単に紹介していきまひょ。

  • 医者に伝えたいことをメモする
  • 医者に話す前にオノレの普段の症状やして欲しいことについてあらかじめメモしておくようにしまひょ。患者はんのなかには医者の前に座ったとたん緊張して話したかったことを忘れてまう方も多いようや。

  • 医者への挨拶をきちんと行う
  • 何事も挨拶は基本といえまんねん。医者と患者ちう前に人間同士の交流にはまず挨拶は欠かすことがでけしまへん。円滑な治療を進めるためにはええコミュニケーションを取る必要がおます。そのためにはまず挨拶をしっかりと行うことは大切なことと言えまんねん。

  • これからの見通しを医者に確認する
  • 医者に診断を受けたらこれからの治療展開をきちんと確認しておきまひょ。医者に先のことを聞いておくことで不安を払拭するっちうこともできまんねん。また医者にも病気を治したいゆう意志を伝えることにもなるんですわ。

  • 医者は万能ではおまへん
  • 医者は何でも治療できる万能者やおまへん。医者でもシッパイするっちうことかておます。人間やからや。医者にもできることとでけへんことがあり、さらにシッパイするっちうことかてあるんや、ちう意識をどこぞで持つことは大切なことでもおます。そないな風な意識を持った上で、どないな医者にかかるかについては患者である貴方次第になるんですわ。

動物を診る医者

医者はなんやも人間だけの物やおまへん。動物を診る医者もようけおるんや。動物の医者を獣医と呼んでおり、ペットが怪我をしたときや病気になりよったときはエライお世話になるんですわ。動物のお医者はんがさまざまな治療を行ってきた上で、どないしたかて気になるんはペットの飼い主の意識についてや。ほんで動物のお医者はんからみる動物を飼うことに適した条件について紹介しまひょ。

■動物の医者による飼い主の条件 1 「世話をできる人物が身近におるか」

動物の医者がみてきた飼い主のなかには、ペットを数日放っといて旅行にでかけるようなもんがいたようや。動物を飼うときはオノレが留守をしのうてはいけんときに、どなたはんか他の人が難儀をみてくれる人が身近いにおることが必要や。それが考えられへん人は動物を飼う資格はないといえるでっしゃろ。

■動物の医者による飼い主の条件 2 「お金に余裕が必要」

動物を飼うことはお金がかかるんや。毎日にえさ代はもちろんのこと万が一に怪我や病気の時に動物のお医者はんに診てもらうときにもお金は必要や。人間のように保険証があらへんため全額負担になるんですわ。こないな風なことを考えると動物を飼うことはエライお金んかかることであると認識する必要がおます。

, , , , , , , , , , , , , , , , ,